マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
エクセルマクロの実行方法(ショートカットキー)を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門記録したマクロを実行する方法ショートカットキーでマクロを実行する方法


ショートカットキーを使ってマクロを実行する方法-マクロの基本

マクロにショートカットキーを設定することで、{マクロ}ダイアログボックスを表示することなく、キー操作で素早くマクロを実行することができます。
なお、「[Ctrl]キー+[C]キー」や「[Ctrl]キー+[P]キー」などは、エクセル(Excel)既定の操作に割り当てられているショートカットキーなので、マクロのショートカットキーに登録してしまうと、既定の操作が無効になってしまうので注意が必要です。

STEP1,{マクロ}ダイアログボックスを表示する

{マクロ}ダイアログボックスを表示する方法

マクロの実行を開始する前に、実行したいマクロを含んだファイルを開く
@{表示タブ}をクリック
A{マクロ}の▼をクリック
Bマクロの表示をクリック

ショートカットキー

[Alt]キーを押したまま[F8]キーを押すことで素早く{マクロ}ダイアログボックスを表示することができる

STEP2,{マクロオプション}ダイアログボックスを表示する

{マクロオプション}ダイアログボックスを表示する方法

「STEP1」の操作で{マクロ}ダイアログボックスが表示される
@ショートカットキーを設定するマクロを選択する
A{オプション}をクリック

STEP3,ショートカットキーを登録する

ショートカットキーを登録する方法

「STEP2」の操作で{マクロオプション}ダイアログボックスが表示される
@ショートカットキーに設定するキーを入力する
A{OK}をクリックするとショートカットキーに登録される

【マクロの使い方をもっと見る】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.