マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
エクセルマクロの記録方法を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門マクロの記録方法データを抽出する方法


データを抽出する方法-マクロの基本

オートフィルターを設定して、特定のデータだけを抽出する方法について解説しています。

STEP1,オートフィルターを設定する

オートフィルターを設定する方法

ここではサンプルとして「店舗 東京」のデータを抽出します
@「セルA2」をクリックして選択する
A{データ}タブをクリック
B{フィルター}をクリック
※オートフィルター設定後はフィルターボタン(フィルターボタン)が表示される

エクセル(Excel)2003/2002

メニューの{データ}→{フィルタ}→{オートフィルタ}をクリック

ショートカットキー

[Alt]キーを押したまま[Shift]キー+[L]キーを押すことで素早くオートフィルターを設定することができる

STEP2,オートフィルターの抽出条件を解除する

オートフィルターの抽出条件を解除する方法

@「店舗」のフィルターボタン(フィルターボタン)をクリック
A{(すべて選択)}をクリックしてチェックマークを外す
特定のデータのみを抽出するには、一度オートフィルターの抽出条件を解除する必要がある

エクセル(Excel)2003/2002

「STEP2」の操作は必要ない
フィルターボタンをクリック→{東京}をクリック

STEP3,特定のデータだけを抽出する

特定のデータだけを抽出する方法

@{東京}をクリックしてチェックマークを入れる
A{OK}をクリックするとデータが抽出される


データの抽出条件を複数指定する方法

このページでは、{店舗}列のフィルターを一つだけ使用してデータを抽出しましたが、同時に複数の列のフィルターを使用してデータを抽出することもできます。
たとえば、「店舗:東京」の「6月:2件」というデータを抽出したい場合には、{店舗}と{6月}の列のそれぞれのオートフィルターに抽出条件を設定します。

【マクロを記録する方法】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.