マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
データをグラフ化する方法を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門抽出したデータをグラフ化する方法


抽出したデータをグラフ化する方法-実用的にマクロを使う

マクロでは、グラフの挿入や印刷の操作を記録することもできます。
サンプルデータとして、種別ごとに集計したデータから、「特定のデータだけを抽出→グラフ化→印刷」という一連の操作をマクロに記録する方法を紹介しています。

STEP1,マクロの記録を開始して特定のデータだけを抽出する

@マクロの記録ダイアログボックスを表示してマクロの記録を開始する方法
Aオートフィルターを設定してデータを抽出する方法

STEP2,抽出したデータをグラフ化する

グラフを作成する方法

「STEP1」の操作で、店舗「東京」のデータが抽出されている
@{挿入}タブをクリック
A{グラフ}をクリック
B{縦棒グラフの挿入}をクリック

エクセル(Excel)2003/2002

メニュにある{挿入}→{グラフ}をクリック

STEP3,グラフの種類を選択する

グラフの種類を選択する方法

ここでは「積み上げ縦棒グラフ」を作成します
@{積み上げ縦棒グラフ}をクリックするとグラフが挿入される

エクセル(Excel)2003/2002

「STEP2」の操作でグラフウィザードが表示される
{積み上げ縦棒グラフ}をクリック→{次へ}をクリック→{完了}をクリック

マクロの記録※注意
{グラフウィザード}の途中で{完了}ボタンをクリックしてしまうと、マクロ記録時と実行時では異なるグラフが作成される可能背があるので、必ず最後まで{次へ}ボタンをクリックしてから{完了}ボタンを押しましょう!!

STEP4,印刷する

@ブックを印刷する方法

マクロの記録※注意
通常、グラフ挿入直後はグラフ全体が選択された状態なっています。
そのため、グラフ挿入直後に印刷の操作を行うとグラフのみが印刷されます。
ワークシートのデータとグラフを一緒に印刷する場合は、{グラフエリア}以外をクリックするか、セルをクリックします。

STEP5,作成したグラフを削除する

作成したグラフを削除する方法

@{グラフエリア}をクリック
A[Delete]キーを押すことで作成したグラフを削除することができる

STEP6,マクロの記録を終了してマクロの実行結果を確認する

@マクロの記録を終了する方法
Aマクロを実行する方法

【マクロの使い方をもっと見る】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.