マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
データの転記操作を記録する方法を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門データの転記操作をマクロに記録する方法マクロの記録を開始する方法



マクロの記録を開始する方法(相対参照)-相対参照と絶対参照

相対参照を使ってワークシート間でデータをコピーする操作をマクロに記録する方法について解説しています。
ここでは、相対参照の基準となるセルを選択した後にマクロを開始します。
サンプルデータはこちら
(※ワークシート「社員名簿」に切り替えて下さい)
(※エクセル(Excel)2010で作成しています)

STEP1,基準となるセルを選択する

相対参照でマクロの記録を開始する方法

ここでは、相対参照の基準となるセルを選択します
@セルA2をクリックして基準となるセルを選択する

STEP2,{マクロの記録}をクリックしてダイアログボックスを開く

↓画像拡大
{マクロの記録}ダイアログボックスを開く方法

「STEP1」の操作でセルA2が選択されている
@{表示}タブをクリック
A{マクロ}の▼をクリック
B{マクロの記録}をクリック

エクセル(Excel)2003/2002

メニュにある{ツール}→{マクロ}→{新しいマクロを記録}をクリック

ショートカットキー

[Alt]キーを押したまま[F8]キーを押すことで素早く{マクロ}ダイアログボックスを表示することができる

STEP3,マクロの記録を開始する

マクロの記録を開始する方法

「STEP2」の操作で{マクロの記録}ダイアログボックスが表示される
@マクロの内容がわかるような名前を付ける
A▼をクリックして{作業中のブック}を選択する
B{OK}をクリックするとマクロの記録が開始される

マクロの記録【かんたんに素早くマクロの記録と終了を行う方法】
マクロの記録と終了を素早くかんたんに行えるようにするには、ステータスバーに{マクロの記録}ボタンを(マクロの記録ボタン)を表示します。
→素早くマクロの記録と終了を行う方法

【相対参照を使ってデータの転記操作をマクロに記録する方法】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.