マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
自動的にデータを転記する関数を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門データの転記操作をマクロに記録する方法自動的にデータを転記する関数

セル参照を使って自動的にデータを転記する関数

エクセル(Excel)で名刺などを作成する場合、名簿データを1人1人転記していては、手間と時間がかかります。
たとえば、サンプルデータ「名札ひな形」シートでは、セルB2には、セルB43を参照するように「=INDIRECT(ADDRESS(43,2))」という数式を事前に入力しています。
この数式はセルを参照させる数式なので、セルB43に入力したデータが自動的にセルB2に転記されます。
ここでは、入力したデータが自動的に転記されるようにする数式について解説しています。
サンプルデータはこちら
(※ワークシート「名札ひな形」に切り替えて下さい)
(※エクセル(Excel)2010で作成しています)

セル参照を使って自動的にデータを転記する関数

手順1,セルの列幅を調整する方法

手順2,セルの行の高さを調整する方法

手順3,複数のセルを結合して一つにする方法

手順4,セルに罫線を付ける方法

手順5,印刷範囲を設定する方法

手順6,名札に表示する項目を入力する方法

手順7,対応するセルを参照させる数式を入力する方法

【相対参照を使ってデータの転記操作をマクロに記録する方法】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.