マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
セルの行の高さを調整する方法
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門データの転記操作をマクロに記録する方法自動的にデータを転記する関数
セルの行の高さを調整する方法



セルの行の高さを調整する方法

エクセル(Excel)のセルのの高さを調整する方法を解説しています。
サンプルデータはこちら
(※ワークシート「名札ひな形」に切り替えて下さい)
(※エクセル(Excel)2010で作成しています)

STEP1,複数セルの行の高さを調整する(ダイアログボックス操作)

↓画像拡大
複数セルの行の高さを調整する方法

「手順1(セルの列幅を調整する方法)」の操作でセルの列の幅が調整されています
@{ホーム}タブをクリック
AセルA1〜セルA39までドラッグしてセル範囲を選択
B{書式}をクリック
C{行の高さ}をクリック

STEP2,{行の高さ}ダイアログボックスで数値を入力する

{行の高さ}ダイアログボックスで数値を入力する方法

「STEP1」の操作で{行の高さ}ダイアログボックスが表示される
@{行の高さ}に「任意の数値(ここでは15)」を入力
A{OK}をクリックすると行番号1〜39までの行の高さが15(20ピクセル)に調整される

STEP3,セルの行の高さを調整する(マウス操作)

{列の幅}ダイアログボックスで数値を入力する方法

「STEP2」の操作でセルA1〜セルA39までの行の高さが「15(20ピクセル)」に設定される
@行番号6にマウスを合わせてマウスポインターの形がマウスポンターに変わったら下にドラッグして「24.00(32ピクセル)」に調整する
A行番号14も@と同じ操作をする
B行番号22も@と同じ操作をする
C行番号30も@と同じ操作をする
D行番号38も@と同じ操作をする

【関数を使って自動的にデータを転記する方法】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.