マクロ・VBAの使い方入門
マクロ・VBA学習サイト
マクロ・VBA(エクセル)使い方入門
相対参照に切り替える方法を解説
マクロ・VBAの使い方の基礎から応用まで学べる「無料エクセル(マクロ・VBA学習サイト」です。
サイト内検索
検索したい用語/操作などを入力して下さい
マクロVBAマクロ Yahoo!ブックマークに登録
初心者のマクロ・VBA使い方入門相対参照でマクロを記録する方法相対参照に切り替える方法



マクロを相対参照に切り替える方法-相対参照と絶対参照

マクロの記録内容を相対参照に切り替える方法について解説しています。
マクロの記録中はすべての操作が記録されますが、「{相対参照で記録}を選択する操作」はマクロに記録されません。
間違って{相対参照で記録}をクリックしてしまった場合には、次の操作を行う前にもう一度{相対参照で記録}をクリックすることで絶対参照に戻ります。

STEP1,相対参照に切り替える

マクロを相対参照に切り替える方法

@{表示}タブをクリック
A{マクロ}の▼をクリック
B{相対参照で記録}をクリックするとマクロの記録が相対参照に切り替わる

エクセル(Excel)2003/2002

エクセル(Excel)2003/2002で、マクロの記録において、セルの参照方法を切り替えるには、{記録終了}ツールバーにある{相対参照}ボタンをクリックします。
なお、{相対参照}ボタンの状態を見ることで、マクロ記録中のセル参照方法を確認することができます。
記録終了ツールバー(相対参照への切り替え)

絶対参照で記録される状態

記録終了ツールバー(絶対参照)
{相対参照}がクリックされていないときは、絶対参照で記録されます。

相対参照で記録される状態

記録終了ツールバー(相対参照)
{相対参照}がクリックされているときは、相対参照で記録される

【相対参照でマクロを記録する方法】
初心者のワード基本操作入門-
Copy right(c) 2013 初心者のマクロ・VBA使い方入門 all right reserved.